ニキビ跡を治す方法

ニキビ跡を治すための方法はまず原因を知ること

ニキビ跡を治すための方法は化粧品を使うのが
効果的な方法の一つですが、その前にニキビ跡の原因を知っておく必要があります。

 

原因をキチンと理解しておくことがニキビ跡を再発させないための
ニキビ跡を治す方法だからです。

ニキビ跡になってしまった原因として、一番よく知られているのは「潰してしまったから」だと思うの
ですが、それ以外にも幾つかの原因があるのを、ご存知でしょうか?
ニキビ跡には大きく分けると「赤みがあるもの」、「色素沈着によるもの」、「デコボコしているもの」の
3種類があるのですが、各々、跡の状態が違うように、原因も違うんです。

 

一つずつお話していきますと、まず赤みがあるニキビ跡は、これは赤ニキビが出来た後に
なります。
赤ニキビは肌の中で炎症を起こしているのですが、この時にニキビの周りがうっ血してしまい、
これが赤みのあるニキビ跡となるんです。

 

色素沈着によるニキビ跡の場合は、炎症を起こしたニキビを放っておいたりして、毛細血管が
破壊され出血した時に、肌にヘモグロビンという組織が残ってしまう事があります。
このヘモグロビンが時間が経つと、茶色く変色していくのですが、これはメラニン色素が
発生するからといわれています。

 

時間の経過とともにニキビ跡を治すのはより時間がかってしまい
効果的な方法とはいえなくなります。

 

 

不用意に紫外線に当たってしまったりすると、刺激から肌を守ろうとしてメラニン
色素が多く分泌されてしまい、これも色素沈着によるニキビ跡を作ってしまいます。

 

最後に、デコボコとしたニキビ跡の原因は、皮膚細胞がニキビの炎症などで壊された事によって、
お肌の土台といえる真皮層が崩れてしまっているからです。

 

これが出来るのは、ニキビの中で一番重症といわれている黄ニキビや、その一歩手前の
赤ニキビを悪化させたりすると出来るといわれています。
お肌の真皮層という部分には、肌を支えるエラスチンやコラーゲンという線維があるんですが、
ニキビを悪化させた事で、このエラスチンやコラーゲンが破壊されてしまい、肌を支えたり、
弾力を保つ事が出来ずに崩れてしまい、へこんでしまうからデコボコとした跡になってしまうんです。

 

このようにニキビ跡になる原因というのは異なるので、自分のニキビ跡が、どんな状態なのかを
チェックして、その原因にあったケア、ニキビ跡を治す方法をしていきましょうね。